若い人だから出来る対策:ダイエットや肥満

若い人だから出来る対策:ダイエットや肥満

まだ完全にハゲあがったりしているわけではありませんので、緊急を要するような対策は必要ありません。ただ、真剣に対策していかないと今後、髪の量が減ったと年々感じることになり、最終的には日本人特有のハゲおやじになってしまうことでしょう。

 

もしくはハゲおやじに行く前に、若ハゲになるやもしれません。

 

ここからはそんな人を一人でも減らせることを願って対策をお伝えしていきます。

 

  • 対策@ダイエットや肥満には気を付ける!

あなたの体は健康体といえるでしょうか?通常の健康体であれば問題ありませんが、肥満気味であったりダイエットをしている場合には要注意です!

 

肥満と聞いて体に良いイメージが湧いてきませんし、髪にとってもよくありません。肥満気味の人というのはどうしても血液もドロドロしていて汚いです。そうなると髪にとって必要な栄養素が髪の毛まで届けられなくなります。

 

またダイエットをしていると、どうしても偏食になりがちです、「◯◯抜きダイエット」とかいになるとかなり偏ったメニューになってしまい、何らかの栄養素が全く摂られなくなっているはずです。

 

 

こうなるとやはり髪の毛が欲しい栄養素が行き届かなくなるというわけです。

 

健康体のあなたなら問題ありませんが、将来的には代謝も衰えてくると肥満気味になったり、そこからダイエットしたりといているとそれこそ髪にとって良くないので気をつけましょう。

 

若い人だから出来る対策:カラーリングやパーマと食事

  • 対策Aカラーリングやパーマの禁止!

若い人にとってオシャレの一貫で、カラーリングやパーマを掛けたりする人も多いですがこれは完全に良くありません。

 

カラーリングでは、染料は強い浸透力を発揮してしまい、毛根まで浸透しかなり傷つけることになります。

 

パーマにおいても強い薬剤を使用して行っていますから、髪や頭皮にとって悪いに決まっています。こんなことをしていては脱毛を促進させかねませんね。

 

 

またこれら2つに加えて、ワックスなどの整髪料でも髪を傷めることになります。

 

若い人にとっては、髪にトラブルを抱える悪いイメージが、まだまだ湧いていないので安易にしてしまいがちです。どうしてもオシャレをしたいという場合には年に3〜4回程度に抑えるようにしてください。

 

  • 対策B肉ばかり食べない!

若いので肉食が多くなってしまいがちでしょう。これも偏食となっていましますので魚や大豆などを積極的に摂取するように心掛けてください。

 

「けつよ」という言葉が中国にあるそうですが、これは栄養が体中に行き渡ったあと最後に髪の毛に栄養が回ってくるという言葉だそうです。

 

それぐらい髪の毛にいく栄養は少ないと言えるのでしょうから、偏食やインスタントばかりでは良くないのは明らかです。

page top