脱毛を助長させる6つの原因って何?

脱毛を助長させる6つの原因って何?

<<回答>>あなたの脱毛を助長させている原因は「生活習慣」「ストレス」「食事」「血行」「遺伝」「パーマ・カラーリング」らの6つの中に潜んでいるかもしれません。

 

  • 生活習慣・・・生活習慣が荒れてしまっている人は身体全体の機能低下が見込まれます。睡眠時間が乱れていたり、身体を動かす習慣が無かったりなど。これらは身体の機能、バランスを悪くさせてしまうので、結果的に髪の状態を悪くさせて脱毛を引き起こすとされています。

 

  • ストレス・・・ストレスは最も危険なものです。身体にとってストレスは良くありませんが、髪の毛にも良くないのは明らかです。あらゆる機能が低下してしまいますし、自立神経が乱れてしまうことで精神面の影響も受けやすくなってしまいます。

 

  • 食事・・・食生活は髪の毛にとって大きくはありませんが小さくもない作用を与えます。あまりに偏った食事にならなければ問題ありませんが、偏っていたり洋食型になっていたら要注意です。野菜や海藻類を積極的に取ることが必要です。

 

  • 血行・・・身体全体の血行が悪くなってしまうのが頭皮へ栄養が流れていかないことを意味します。頭皮に行かなければ髪の毛にも栄養が行きませんので、確実に良くないです。頭皮自体の血行促進は極めて難しいので、育毛剤を使って血行促進を直接促すのが大切でしょう。

 

  • 遺伝・・・これはもうどうしようも無いのですが、遺伝するケースです。遺伝の場合ですと、専門医でもどうすることも出来ないでしょう。遺伝子レベルで脱毛因子を持っているということになりますので諦めることも必要になるかもしれません。
  • パーマ、カラーリング・・・これは自ら直接的に傷める行為をしていますから、止めることをオススメします。これらは見た目は良いですが頭皮や髪の毛にとっては全く良い行為ではありません。聞いた話ではずっとカラーリングをしているジャニーズの人たちは若いころから育毛剤を使っているとか。

 

これらの原因は人それぞれ違ってきますので、あなたに当てはまるものがあるとすればすぐに改善するようにしてください。放置しておくと脱毛を助長させる結果となってしまいます。また、これらの脱毛を予防する意味でも育毛剤を同時に塗布していくと良いですね。

 

やはり育毛剤は頭皮や髪の毛にとって良い成分が含まれていますし、ダイレクトに届けることが出来るので最適です!ただし、育毛剤と言っても良いものもあれば悪いものも残念ですがあります。そこで、育毛剤選びは当ブログで紹介している厳選育毛剤から選ばれると良いでしょう。

page top